企業情報

社長挨拶

中村 康浩

2021年7月、私ども広島国際空港株式会社(HIAP)は、ターミナルビル、駐車場、滑走路一体の民間運営を開始し、新たな一歩を踏み出しました。

広島空港は、自然、歴史、文化、食等の豊富な観光コンテンツに恵まれ、また、世界に直結する強力な経済力を有する中四国、瀬戸内・山陰エリアの中心に位置します。

私どもは、この中四国、瀬戸内・山陰エリアの魅力を国内外に発信し、人やモノの流れを呼び込むことにより、地域の重要な交通の拠点である広島空港を、単なる移動の拠点を超えた、世界中から中四国、瀬戸内・山陰エリアへいらっしゃる人々の感動の拠点へと進化させ、地域の発展に尽くし、地域とともに成長して参ります。

そのために私どもは、常にお客様の視点に立ち、常に世界を意識し、常に新しい挑戦を続けます。そして、みなさまに愛される広島空港、広島国際空港株式会社でありたいと思います。

今後も成長を続ける広島空港にどうぞご期待ください。

代表取締役社長

中村 康浩

概要

商号 広島国際空港株式会社
Hiroshima International Airport Co., Ltd.(HIAP)
設立年月日 2020年11月18日
資本金 9,250百万円
代表者 代表取締役社長 中村 康浩
住所 三原市本郷町善入寺64番地31
株主 三井不動産株式会社
東急株式会社
株式会社広島銀行
ひろぎんキャピタルパートーナーズ株式会社
広島電鉄株式会社
九州電力株式会社
中国電力株式会社
株式会社中電工
株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
マツダ株式会社
福山通運株式会社
株式会社広島マツダ
広島ガス株式会社
住友商事株式会社
東急建設株式会社
株式会社東急コミュニティー
従業員数 103名(令和3年7月現在)
事業内容 広島空港の運営およびそれに付帯する業務(2021年7月)
関連会社 株式会社広島エアポートホテル

役員一覧

代表取締役社長 中村 康浩
取締役副社長 坂本 織也
小林 和俊
取締役(非常勤) 山本 健一
久一 康洋
市来 利之
監査役 亀村 直樹
監査役(非常勤) 百野 太郎
藤井 義則

組織図

沿革

1961年(昭和36年4月17日) 広島空港ビルディング株式会社設立
1961年(昭和36年9月) 旅客ビル竣工及び開業(広島市西区)
1993年(平成5年10月29日) 新空港移転開業(豊田郡本郷町)
2005年 (平成17年4月1日) 広島エアカーゴターミナル㈱を吸収合併
2010年(平成22年8月31日) 広島エアポートホテルの建物取得
2011年(平成23年9月30日) ホテル運営会社(㈱広島エアポートホテル)の株式取得(100%子会社化)
2020年(令和2年11月18日) 広島国際空港株式会社設立
2021年 (令和3年1月22日) 広島空港ビルディング株式会社完全子会社化
2021年(令和3年2月1日) 広島空港特定運営事業等ビル施設等事業開始
2021年(令和3年4月1日) 広島空港ビルディング株式会社を吸収合併
2021年 (令和3年7月1日) 広島空港運営事業開始